【Retrotec】Twin-Top Disc CX / DieHard 56
59005672748e5b70ab00124a 59005672748e5b70ab00124a 59005672748e5b70ab00124a 59005672748e5b70ab00124a 59005672748e5b70ab00124a 59005672748e5b70ab00124a 59005672748e5b70ab00124a 59005672748e5b70ab00124a 59005672748e5b70ab00124a

【Retrotec】Twin-Top Disc CX / DieHard 56

残り1点

¥307,800 税込

送料についてはこちら

カリフォルニアのナパに工房を構えるレトロテック サイクルズは、アメリカの自転車文化の代表格ともいえるクルーザースタイルをベースに、オーナービルダーであるカーティス・イングリスが長年のビルダー経験によって培った情報を元に、レースからファンライドまでの幅広いジャンルにそれぞれ適したジオメトリー構築やパイプ選定を追求した唯我独尊的フルカスタムハンドメイドバイクメーカーです。 もちろん自身はシングルスピード選手権を故郷のナパで主催するほどの熱狂的サイクリストでもあり、その両面の立場から使用者の目的や目標に最も適したバイク作りを日々探求しています。 またセミカスタムの製造も積極的に行なう事によって、多くの人たちにハンドメイドバイクの素晴らしさを伝えようと努力する最高の人格者でもあります。 2014年8月24日未明。カルフォルニア州ナパを襲ったマグニチュード6.0の地震は、レトロテック・サイクルズの工房をマラカスの様にシェイクした上に、彼らに暫くの停電生活を要求したのです。幸い怪我はなかったものの、愛車イセッタのボディにエクボができ、同年のNAHBSで受賞した彼のディスク・クロスバイクは、倒れてきたミルの下敷きに…。その他に大きな被害が無かったのは奇跡的と彼は言います。僕たちはこの時、ミルを支え守り「こんなのかすり傷さ…」と言ったに違いないダイ・ハードなRetrotec DiscCXを、地震からの一日も早い復旧を願ってオーダーしていました。ちょっぴりサバイバルを楽しんでいた愛妻ミッツィと、早々に日々の生活を取り戻せたカーティスは、またぐいぐいと製作をこなしてくれまして、やがて半年程が過ぎ、ついに僕らの手元にやってきたのがこちらのフレームです。 カーヴド・ツイントップにスキャロップ・ペイント。如何にもレトロテックな仕様に、受賞バイクと同じ2トーン。これは、60年代にル・マンで活躍したフェラーリ・250GTOへオマージュしたレーシングカラー。思わずハートが高鳴ります。 Wheel size: 700c Top tube: 560mm (effective) Seat tube: 480mm Chain stay: 425mm Head tube: 130mm Head angle:72.0deg. Seat angle: 73.0deg. BB drop: 65mm BB height: 280mm Option: 44mm head tube / 135mm QR